ライセンス取得キャンペーンやってます!

サイパンSUPER FISH DIVING救済プロジェクト!

サイパンSUPER FISH DIVING救済プロジェクト
事務局の大石です。
今日で9日目となりますが
相変わらずステッカーは売れております。
そんな中、遂に完成し沖縄へ送られてきました。
早速ペリカンケースに貼ってみました。

サイズもピッタリです!

さて本日の石原君は
私たちの寄付金で
早速ジェネレーターの購入に
動いているそうです。
嬉しいですね!
この様な形で力になれた事。
本当に皆様には感謝しております。

ボート会社の小松キャプテンに
相談し、アドバイスを頂き
購入をしたいとの事です。
それと・・・マリオさんが
台風ボケで困っているとの
事でした。
早く通常通り仕事が出来るように
なると良いのですが・・・・

昨日の旧お店の写真を見て
グッ!と胸に熱いものが込み上げて
来た方もおられると思います。
僕もその1人です。

SUPER FISH DIVINGの歴史は
案外長いのです。
創業者は弓削さん、吉岡さん
1995年あるいは1994年頃の
OPENだと思います。
今年が2018年なので
25年近い歴史があるのですよ。
僕は1999年に
初めてここで体験ダイビングをしました。
毎日こんな常夏で、
こんな遊んで暮らしている人がいるんだ!?
だったら僕もインストラクターになって
この2人みたいに!!
そう思いオープンウオーター取得。

その後はお店のリピーターとして
ライセンスのステップアップしていました。
いつの日かこの人達のお店の一員として!
そう心に思いながら
インストラクターへの階段を上っていました。
そんな中、転機が訪れます。
その日は弓削さんと
FUNダイブをしていました。
お店に戻り
「ちょっと待ってて、直ぐ戻るから」
そう言って弓削さんが居なくなり
お店の店番をしてました。
誰も来るはずのないお店に
人が来たのです!!2人
それが僕をこの世界に引っ張ってくれた
ザ・ダイブファクトリーの
社長と大貫マネージャー(現GM)
後から聞いたのですが
その日がお店の権利を渡す
契約日だったそうです。
弓削さん達のお店の経営体制が
ここで変わったのです。

あの日僕があのお店の
外ベンチにいなければ
今こうして
ダイビングインストラクターとして
沖縄にいなかったかも知れないですね。

晴れてサイパン
スタッフ研修生として
このお店に来た僕。
ただまだダイブマスター
でもなかった僕が
出来る仕事なんて
ほとんど無かったのです。
新しい体制になり
初代の責任者となったのが
こちら僕のお師匠である渡邊博之

そのお師匠の一番弟子が
先日紹介した原田ゆずる
なのです。

原田さんはお師匠に誘われ
サイパンへ来ることに。
この頃はお客様のお迎えは
アロハシャツを着てたのですよ。
とても懐かしいですね。

そんな環境で
僕は研修生として
ダイビングのイロハを学びました。
毎日怒られ、
厳しい厳しいトレーニングの日々
今で言うと
毎日パワハラです((笑)
でもここが僕を強く
そして
インストラクターへと育ててくれました。

そしてその後に
石原君がサイパンへやってくる
そんな歴史があるのです。
今回ステッカーの
ヒマワリには
沢山の思いが詰まっています。

僕の故郷サイパン
1日も早く
自然豊かで素晴らしい
サイパンが戻ってくる為に

アールスタイル沖縄では
引き続き
サイパンSUPER FISH DIVING
救済プロジェクトとし
ステッカーの販売を行います。

縦7cm×横7cm

ご予約、ご購入は
メール、ライン、TEL何でも大丈夫です。

1枚 800円

少し割高ですが
寄付を目的としている為です。
何卒ご理解宜しくお願い致します。

また2枚以上お買い求め頂いた皆様から
個別郵送を行います。
こちらも少しでも寄付金を増やすためです。

どうかご理解頂き
もう少しもう少し
ご協力
宜しくお願い致します。

そしてもう1つ皆様のお願いです
少しでも早く送金するために
ステッカー注文頂きました皆様には
出来る限り早くの入金をお願い致します。
石原君の疲れもかなり蓄積されております。
寄付金でチェーンソーなど
機材を借りたり、ジェネレーターを
動かすガソリンに使える為にも
どうかお願い致します。