ライセンス取得キャンペーンやってます!

与那国カップ2019 第三話

7年連続で与那国へ通っていると
勝手がよくわかって来るものだ。
ポイントまでの時間や
現地サービスのスタッフとも
顔見知りになったりと。
それだけでも随分ストレスが
半減してリラックス出来る。

僕達のガイドを担当してくれている
青柳君も僕達の個性、
ダイビングスキルも把握してくれてるので
とても心強いメンバーの一人である。
気持ちはお互い同じだろう。

1本目はチェックダイブで遺跡
2本目は西崎

間もなく4歳になるうちの娘。
近頃僕の事を指差して
「う○こ」と大笑いしてくる。
女の子なのになんと言うお下劣な・・・
今後がとても心配である。
その娘は
ミッキーマウスのテレビを気に入ってよく見ている。
ある日娘に聞いてみた
「ミッキーに会えるディズニーランド行きたい?」
そうすると娘は
「お父さんディズニーランド嫌いでしょだから行きたくない。」
・・・・・・
「お父さんはおいておいて自分自身は行きたいの?行きたくないの?」

小さな声で「いきたい」

そんな事もあり
今年は娘を
ディズニーランドに連れて行くことを心に強く誓った。
待ってな!お父さん頑張るから。
ねっ!ジイジ

あっ!!
こっちだった

そんな事を考えてる間に
ダイビングが終わってしまった・・・

二年前から続いていた8連勝
呆気なく止まってしまった。
リラックスし過ぎて完全に集中が出来てない・・・
 
ただツアーの楽しみは
ダイビングだけではない!
夜の食事会もまた
チームが1つになる大切な時間である。
お酒が入ることにより
お互い心も弛み仲良くなれる場所である。

今回は島内を周回する
コミュニティーバスに乗って
目的の居酒屋へ

今回は与那国で記念ダイブを迎える
メンバーが5人もいた。
50ダイブ記念のKJさん
100ダイブ記念のHIRO さん、なつみさん
200ダイブ記念のともさん、綾小路さん
メンバーの半分以上が
僕がオープン、
アドバンス講習を担当させて頂いた。
その皆さんがこうして
立派なダイバーへと成長された姿を見るのは
心から嬉しく思う。

そんな中でも
小麦粉アレルギーの詩織ちゃんは
ひたすらキュウリを食べていた。

こうして与那国ツアー1日目が終了。