ライセンス取得キャンペーンやってます!

われら八丈島調査団!プロローグ

ツアーは楽しい
ただツアー後の日記は・・・
ここ最近は頭の回転も鈍くなり
長編の日記を書くのが
大変になってきたが
まぁ頑張って今回も書くことにしよう。

遡ること2019年2月
イクさんの「八丈島ツアー行こうよ!」
その一言から全てが動き始めた。
イクさん、トキさん
ウミウシ同好会キャプテンと
東海岸の離島浮原島で
お昼休憩をしていた時であった。
八丈島かぁ・・・
インストラクターとして駆け出しの頃
初めてショップツアーの担当を
させていただいたのが八丈島のショップ。
その後ずっと心の中にあり、
今でも忘れる事なく覚えている
大切な思い出の1つであった。

いつか行ってみたいなぁ~っと
思いながらも
月日は流れ時代は令和へと

5月18日
一郎ジャパン
御一行様グループと万座へ
一郎さんとは沢山の
共通点があり、
僕達の出会いは運命だと感じている。
年齢が同じ
結婚記念日も同じ
僕の兄弟子
生前最後のお弟子さん
限りなく近い存在である。
兄弟子が僕達の為に
最後に残してくれた
大切な存在であり
心強い仲間である。

その日、お迎えに向かう
車内のカーラジオから
プリンセスプリンセスの
曲が流れていた。
まだ高校生だった1989年
今から30年前
当時の思い出が蘇り
センチメンタルな気持ちになった
1日であったのを覚えている。
一郎ジャパンのメンバーのほとんどが
八丈島で潜られており、
その縁もあって
僕は今回大変お世話になった
菊地さんと知り合う事が出来た。

一郎さんに
八丈島ツアーを行う事を伝えると、
自分の事のように喜んでくれ
沢山協力をしてくれた。
一郎さんとは
そういう熱い男である。

八丈島へ行く前に浜松町で
決起集会ならぬ
飲み会を行いましょうよ!
そう持ち掛けてくれ、
お店の手配から
幹事まで引き受けてくれた。

5月31日
Pm 7:00浜松町
25名もの
アールスタイルファミリーが
顔を出してくれた。

一郎ジャパンメンバー
小麦の会
与那国メンバー
様々な顔ぶれのファミリー達

アールスタイルの格さんのNピーは
関西から仕事終わりに
駆けつけてくれた。
最高のファミリーと
最高の時間を過ごす事が出来た。
時間は直ぐに過ぎてしまったが
本当に皆さんには感謝である。

その中に今回の
八丈島調査団のメンバーも
数名参加していた。

まずはアールスタイル助さんであり
ある時は蛇見つけ名人
またある時は
チームMDC リーダーのMさん。

アールスタイルの為に
素晴らしいフラッグを
作成してくれた。
いつもアールスタイル為に
考えて協力をしてくれる
アールスタイルのGacktことヒロキ君

ツアーは久しぶりの参加
サイパン時代から一緒に潜り、
青春時代を共にしてきた
ユウコ、マキさんコンビ

今回ツアー初参加
浮原島で参加表明してくれた
トキさん

今回はツアー前に飲み会があったので
3日間の弾丸日程ではあったが
良いチームワークが出来たと思う。

Pm 9:30
飲み会の会場から
竹芝桟橋フェリーターミナルへ
移動するとツアー発起人イクさん

そしてこちらも
ツアー初参加
ミスズさんが到着していた。

以上今回7名の
調査団が集合した。

10:30発
八丈島行きフェリーに乗船
ここから目指す八丈島まで
10時間20分の長旅が始まる。

Nピーはじめ
与那国メンバーTomoさん
アールスタイルの
風車の弥七Hataさん
与那国メンバーKGさん
4名様に見送られながら
船は離岸
Hata さんがペンライトで
手旗信号を送ってくれるも
調査団メンバー誰も理解出来ず
すまねぇ~Hataさん
全然伝わらん
伝わらないんだよ・・・(汗)
船の展望デッキで
調査団全員そう思ったに違いない

事情を知らない人がみれば
アイドルオタクのオッサンが
港でペンライト振り回してるだけの
何とも痛々しい光景である。

それを止めなる事もなく
いつも通りにしている3名
むしろそっちが笑えた