ライセンス取得キャンペーンやってます!

サイパンツアー2019 かつての故郷 第一話

2019年11月1日
那覇空港国際線ターミナル
マクドナルドで
ダブルチーズバーガーセットを
食べながら
搭乗するアシアナ航空機を
眺めている。

沖縄へ住み12年
考えてみれば
国際線を利用するのは
今回初めての事である。
国内線に比べると
人も少なく
随分シンプルな作りが
とても印象に残っている。

那覇から1時間30程の
フライトで
集合場所に到着

仁川空港

韓国滞在は約四時間
トランジットのみの為に
韓国ウォンは持っていない。
ツアーメンバーの到着には
まだ少し時間がある。
空港は大きいが
とてもわかりやすく
無料で開放されている
ラウンジがあり
とても快適である。
時間のほとんどを
このラウンジで過ごした。

19:00過ぎ
関西から
今回のメンバーが到着した。
アールスタイルの助さん格さんこと
ノリぴーさん。
与那国メンバーいくさん
アールスタイル
ドリフトマスターkJ さん
スカイマーク直行便が飛ぶ予定で
決めた今回のツアーだったが、
結局延期となり
仁川経由となった為
参加メンバーの少ない
ツアーではある。
ただ今回はそれ以上に
大切な目的があったので
参加メンバーがいなくても
一人ででも
行くことは心に決めていた。

1つは
2018年島を
壊滅的な破壊へと追い込んだ台風。
沢山の皆様のお陰で
沢山の寄付をすることが
出来たレリーフプロジェクト

寄付をすれば終わるものではなく
以前のサイパンに戻るまでは
まだ続いている。
その苦しみを和らぐ方法は
他にも沢山ある。
話を聞き苦しみを理解したり
一人でも沢山の皆様が
島を訪れること。

もう1つは・・・

メンバーと合流して
搭乗を待つ
経由便を使って
サイパンへ行くのは
今回が初めての事であり、
ましてや韓国仁川集合も
初の試みであった。
少しの不安はあったが
何とかメンバーと合流出来たので一安心。
ただ周りを見渡すと
日本人は僕達4名のみ
アウェイ感は半端ない。

ボーディング時間が近くなり
アシアナ航空の係員が
パスポート&チケットの
チェックを始める。
併せて英語で
簡単な質問をしてくるではないか・・・・
英語が滅法苦手な僕にとって、
早く終わってくれ!
何度も何度も
心の中で叫び続ける。

今思うとよくそれで
海外生活をしていたものだ・・・
どうにか四苦八苦しなから
英語で答えていたが
係員が話してくる内容
どうしてもわからない事があった
何度も聞き直してくる
わからない
わからいなよお姉さん・・・

遂に口から
「何言ってるかわからない」と
発した直後の出来事であった。

そりゃまぁ流暢な日本語で
「他人から預かった荷物はないですか?」
関西人4人
吉本新喜劇並みの切れ味鋭い
ズッコケであった。

お姉さん・・・・
今までの英語は
何だったんだい?
先日行われたプレミア12では
侍JAPANが韓国相手に
見事逆転勝ちで優勝したが
我々アールスタイルJAPAN
アウェイの地韓国で
見事なまでの惨敗であった。

仁川から更に4時間
サイパンローカール時間1:30。
長い旅が終わり
ようやくサイパンへ到着した。
機内から空港へ足を踏み入れた瞬間、
サイパン独特の懐かしい臭いに
包まれ身体は生き返る。

入国をするために沢山の人が
イミグレーションに並ぶ中、
ESTA を事前申請しておいた僕達は
あっと言う間に入国完了!
ESTA の威力は凄まじい!
サイパンへ行く際は必ず
事前申請することをお勧めする。

税関をパスし
空港の外へ出る
亜熱帯の湿った空気は
仁川でズタボロにされ
閉ざされた僕達の心と
毛穴を一気に開いていく。
サイパンに帰って来た。

ホテルロビーには
先入りしていた
最後のメンバー
ゆうこさんが
笑顔で待っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です