ライセンス取得キャンペーンやってます!

サイパンツアー2019 かつての故郷 第三話

2001年
遂に憧れの人と
働く夢が叶った

ただこの2年間で
状況は大きく変わり
YUGEさんが会社を売却
SUPER FISH DIVINGの経営を
東京の大手ダイビングショップが
することになった。

YUGEさんはオブザーバーとして
1年間お店に残る事に
僕は研修生として
働かせて貰えることになった。

新体制がスタートし
ショップ責任者となったのが
僕のお師匠
WATANABE HIROYUKI

スキルが高く
水中の姿は今でも
鮮明に覚えている。
僕が愛用している
白いマスク
真鍮製のレギュは
お師匠のスタイルで
一人前になったら
師匠の真似をしようと
決めていた。
このスタイルは
今後一生変える気はない

当時はスタッフも多く
アシスタントマネージャーしずさん
師匠の奥様キヨさん
師匠の一番弟子原田さん
僕と同じく研修生のナオちゃん
それにオブザーバーのYUGEさん

師匠はとても厳しかったが
恵まれた環境で
インストラクターへの道を
スタートさせたが・・・・

2001年9月11日
ニューヨーク同時多発テロ
この事件を切欠に
SUPER FISH DIVINGも
また大きな出来事が続いた

その年の暮
師匠、キヨさん、ナオちゃんが
サイパンを去る

アシスタントマネージャーだった
しずさんがマネージャーになり
現場は兄弟子原田さん
インストラクター1年生の僕の
実質2名のみ

YUGEさんはこの頃になると
新しく作った
自分の会社の事で
以前ほどお店に
出入りしなくなっていた。

年が明けて2002年
スタッフ不足を補う為
東京店から
スタッフが応援に来てくれた。
その中の1名が
現在の
SUPER FISH DIVINGマネージャー
タカシ君である
ジャニーズ顔負けの色男
沢山の女性ファンが
タカシ君目当てに
お店に通ったに違いない!
ちっくしょ~~
カッチョイイゼ!!タカシ君

社歴も年齢も
ほぼ変わらないタカシ君は
今でも
BESTフレンドの1人である。

2002年春
そして遂に東京店から
NEWスタッフが
来ることに!!

厳しかった師匠が
唯一天才と認めた人物

師匠はいつも
あいつは天才だ!
お前とトレードするから!
何度も何度も言われ
僕は育った。

会った事もないその人物に
僕はどれほど怯えた事か・・・
ようやく手に入れた夢のサイパン
絶対に死守するぞ!
いつもそう思って
一生懸命トレーニングしてきた。
僕をいつも脅かす怪物

その怪物の名は石原美雪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です