ライセンス取得キャンペーンやってます!

沖縄でやるシュノーケリングとダイビングの違いは?どっちがいいの?

手軽に楽しむシュノーケリングか、本格的に潜るダイビングか、沖縄でも意見が分かれるところですね。イメージだけを考えると、シュノーケリングが手軽で、楽しめる感じがしますが、一番は何を目的に楽しむかです。例えば子連れの場合、シュノーケリングの方が楽しめるし、地形やクレバス、アオウミガメなどの大型生物を見たいのであればダイビングと目的で分けてみるのも良いかもしれません。

シュノーケリングでも楽しめるスポット

沖縄には、シュノーケリングでも十分楽しめるスポットがいくつかあります。シュノーケリングは、ダイビングと違い、海面に浮いて、ゴーグルから海中を見るアクティビティですので、泳ぎができない、水が不安な方でも楽しめるマリンレジャーです。

子どもとのコミュニケーションにも最適

ダイビングは、年齢制限があるので、子供連れの方でどうしても海でアクティビティがしたい方には、こちらがお勧めです。

  • 浅瀬でのサンゴ礁の観察
  • サンゴ礁に群がる小さな魚や生物の観察

また、青の洞窟周辺でも浮輪つきでのシュノーケリングなどが体験できるので小さいお子様連れの方も感心して楽しめるアクティビティです。

ダイビングの醍醐味は海と一体になること

ダイビングの醍醐味は、何といっても普通では見られないポイントで、海と一体になって自然を感じることではないでしょうか。普段の生活から離れ、幻想的な海中の様子や、自然の造形物などをはじめ、ウミガメやマンタなど間近で体験できる醍醐味はシュノーケリングでは味わえないものです。

  • クレバスや洞窟の探検
  • ウミガメやマンタなどの大型生物の観察
  • 沈没船などの人工物の歴史

様々な、普通の生活では見れないものを体験できるのが、ダイビングです。機材を装着し、ボートから海へ潜るときの爽快感、海中での生物の様子や景観など、ダイビングではないと体験できないものがたくさんあるのも事実です。

シュノーケリングは子供や初心者向け?

一概にシュノーケリングは、簡易なイメージがありますが、沖縄では、かなり本格的に楽しめることは間違いありません。これから紹介するポイントは、シュノーケリングが本格的に楽しめ、子供だけではなく大人も楽しめるスポットです。

最近では、ビーチからシュノーケリングを楽しむだけではなく、本格的なポイントへボートで移動するシュノーケリングもあり、ダイビングとの垣根がなくなってきている感じがします。

  • 慶良間のビーチでのシュノーケリング
  • シーカヤックで、移動するシュノーケリング

これまでのビーチの浅瀬からのシュノーケリングから、本格的なアクティビティとして認知されてきています。特にお年寄りなど、ダイビングの機材が重い方でもシュノーケリングなら無理せずに楽しむことができるのも魅力の一つではないでしょうか。

どっちが本当に良いの?ダイビングとシュノーケリング

曖昧な言い方ですが、どっちといわれても、選ぶことができません。ダイナミックさか、手軽さか、どちらにしてもメリットがあり、またそれぞれに、アクティビティの醍醐味があります。

どちらかに決めかねている方は、両方体験しても良いかもしれません。

個人的な感想ですが、シュノーケリングになれてくると、ダイビングがしたくなるかもしれません。人間の好奇心は強く、シュノーケリングでいくことができないスポットや海中に興味を持つ方であれば、ダイビングをお勧めします。ただ、シュノーケリングと違い、ダイビングでは、飛行機や海中からの上昇中のリスクなどもインストラクターの勧めに従い楽しまないとおもわぬトラブルになりかねないので、体験ダイビングからスタートしてみるのも良いかもしれません。