ライセンス取得キャンペーンやってます!

沖縄の体験ダイビングの年齢制限って何歳から何歳まで?

ダイビングをしているパパにとっても夢は、娘や息子と一緒にダイビングをするといった方が多いですね。僕もその一人なのですが、一緒にバディとしてダイビングするとなると、Cカード(オープンウォーター)が必要になるので、10歳からという年齢制限があります。15歳未満の方は、ジュニア・ダイバー認定があり、深度制限を除いて、成人と同じスキルが必応になります。

年齢制限に見るダイビングの違い

一般的に、ダイビングライセンス取得や体験ダイビングには、10歳以上ということが知られていますが、体験するコースにより、実は8歳からできる場合があるのをご存知でしたか?

バブルメーカー

水深2メートルまでのプールで、8歳から9歳のお子さんを対象にしたエントリー体験ができるダイビングコースです。

ディスカバー・スクーバ・ダイビング

プールや海況が安定していることを条件に、6メートルの水深までのスクーバ・ダイビングを体験することができます。10歳からが対象。

ジュニア・スクーバ・ダイバー・コース

水深12メートルまでのダイビングが可能で、機材の購入やタンクのレンタルなどもできるようになります。これを取得していると、オープン・ウォーター(Cカード)へのステップになるので、ダイビングをやってみたいと思ってるお子様には最適のコースと言えます。10歳からが対象。

ジュニア・オープン・ウォーターダイバー・コース

10歳以上から取得できるこのコースは、最大深度18メートルまで、ダイビングすることができるので、親子で楽しむことができるものです。

これらのコース以外にも、いくつか制限はかかりますが、成人のダイバーと同様にライセンスを取得できますので、子供のうちから慣れさせておくのも良いかもしれません。

本格的なダイビングの前にプールで体験

10歳になれば、ライセンスが取得できますが、いきなりライセンスを取得するのは大変なことです。また沖縄でライセンスを取得するとなると、往復の航空運賃やホテルなど様々な費用が掛かってくるので、10歳になる前に、ダイビングの面白さを子供たちにわかってもらってからでも遅くはないでしょう。

プールなら8歳からでも体験できる

まだ、体力や水中での動きが大変な子どもでもプールでなら安心してダイビングをすることができます。成人がオープンウォーター(Cカード)を取得したときと同様に、プールで慣れることから始めてはいかがでしょう。

本格的な体験ダイビングは10歳から

本格的に、ダイビングを体験したいなら10歳からできる体験ダイビングに申し込んでみてはいかがでしょう。6メートルのプールや海況の良い日の浅瀬なら、プロフェッショナルと一緒にダイビングすることができるので、本格的なダイビングの足掛かりとしては最適なダイブと言えます。6メートルの水深であれば、色鮮やかな魚の群生やサンゴなどをはじめ十分すぎるほどの体験をすることができるでしょう。

子どもが参加で沖縄の体験ダイビング

ファミリーで沖縄に来られる方なら一度は一緒にダイビングをしたいと思うはず。沖縄には、家族で楽しめる体験ダイビングツアーがたくさんあります。

たとえば、青の洞窟にも行ける10歳からの体験ダイビングなど

ダイビングショップのツアーでは、ツアーの出発地により、ボート移動が、5分程度で、青の洞窟などのダイビングスポットに行くことができるので、車酔いをはじめ乗り物系に弱い方でも負担なく体験ダイビングを楽しむことができます。乗り物酔いをしないなら、慶良間まで足を延ばしても良いかもしれません。

  • 青の洞窟体験ダイビングツアー(恩納村)
  • 慶良間ダイビングツアー(慶良間諸島)

折角沖縄でダイビングをするなら、キライにならないで、まずは、水に慣れることです。子どもに体験をさせてみたいなら、ビーチで、慣れさせてから本格的な体験ダイビングに移行したほうが、良いかもしれませんね。